google1201ec77dbf5fb28

採用ブランディング

採用ブランディング

  新卒採用の重要な戦略の一つ

近年の学生の就活はかなり多くの企業に応募しています。その中で、他社との差別化を図り、学生に印象付け、その企業を理解をしてもらうには、企業側も多くの準備が必要です。
企業側が「採用してあげる」という意識を持っている限り、いい人材は近寄っては来ません。積極的に、働きかけ、自社アピールをすること、ある意味、採用にもマーチャンダイジングが必要ということなのではないでしょうか。
その企業の「商品価値」を知らせること。必要なターゲットに届けること、その量を知ること。

  • 競争力
  • 訴求力
  • 提案力

などが、採用ツールに備わっているでしょうか。

名前を聞いただけで、会社案内やWEBサイトのイメージ、それがたとえば色だけでも思い浮かぶか否かは非常に大きな違いです。

多くの企業の中から、最終的に自社を選んでもらう”『決断』のための1つのツール”でなくてはなりません。
採用活動は、その年の「採用目標に対し、何人採用できたか」という単年度のことではなく、企業にとって、10年、20年、という単位で影響を及ぼす非常に重要な投資です。

「採用ツールはあることが大事」、ではなく、「戦略」として存在する時代です。

採用ブランディングを追求することで、ビジュアルによる企業イメージを作り上げるだけでなく、ターゲティングと採用コンセプトが明確化されることにより、採用のミスマッチや辞退者の低減につなげることができます。
webサイト、会社案内、動画、SNSなど、「人事部」とともに採用活動をする強力なパートナーづくりをお手伝いいたします。